ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

福祉医療受給者の医療費の請求方法(県外受診・証未提示等)

2017年4月1日

どんなとき

県外受診や受給者証を提示できずに保険診療にかかる自己負担額を支払った場合、申請をすることにより自己負担相当額を助成します。

食事代や保険適用外のもの(差額ベッド代、薬の容器代など)は、対象外です。なお、健康保険から高額療養費や附加給付金が支給される場合、それらを差し引いた額が対象となります。
(注)健康保険証を提示できずに無保険(自費)で受診した場合は、先に健康保険に対し保険分の請求手続きを完了してください。

申請方法

以下のものをお持ちになって知多市役所 保険医療課までお越し下さい。

  • 領収書(注1)
  • 医療費受給者証
  • 健康保険証
  • 振込み口座の分かるもの(通帳など)
  • 支給決定通知書(注2)、又は保険給付証明書
    (健康保険から高額療養費・付加給付金が支払われた金額がわかるもの)

(注1)受診者名・診療年月日・医療保険点数・自己負担分領収金額・領収書発行日・医療機関名称等が記載されているもの
(注2)知多市国民健康保険加入者以外の方で、同一医療機関で自己負担額が月20,000円以上の時に必要です。健康保険から発行されたもの、又は市役所保険医療課で用意している様式を使用してください。

 

お問い合わせ

保険医療課
電話:0562-36-2654
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する