ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

段階的耐震改修費補助

2017年4月1日

大地震災害から市民の生命、財産の保護を図るため、木造住宅の耐震改修工事を行なう方のうち、無料耐震診断の判定値が0.4以下と診断された住宅について、判定値を1.0以上とする補強計画に基づき、その一部を工事することにより、判定値を0.7以上1.0未満とする工事を行う方と、無料耐震診断の判定値が1.0未満と診断された住宅について、判定値を1.0以上とする補強計画に基づき、その一部を工事することにより、1階の判定値を1.0以上とする工事(全体の判定値を1.0以上とする工事を除く。)を行う方と、これらの工事後に判定値を1.0以上かつ一段階目耐震改修工事前の判定値に0.3加算した値以上とする工事を行う方に対し補助を行います。申し込みを希望される方は、都市計画課へお問い合わせください。 

平成20年度から平成28年度に、知多市の耐震改修費補助制度を利用して耐震改修工事を実施したもののうち、公表登録申請をされた内容を公表しています。

補助制度の概要

一段階目耐震改修工事

補助対象者

  • 市が実施する無料耐震診断において判定値が0.4以下と診断された木造住宅について、判定値を1.0以上とする補強計画に基づき、その一部を工事することにより、判定値を0.7以上1.0未満とする工事を行う方
  • 市が実施する無料耐震診断において判定値が1.0未満と診断された木造住宅について、判定値を1.0以上とする補強計画に基づき、その一部を工事することにより、1階の判定値を1.0以上とする工事を行う方(全体の判定値を1.0以上とする工事を除く。)
  • 財団法人愛知県建築住宅センターが実施する住宅耐震診断を実施した方で、評点が40点以下と診断された木造住宅(昭和56年5月31日以前に着工)について、判定値を1.0以上とする補強計画に基づき、その一部を工事することにより、判定値を0.7以上1.0未満とする工事を行う方
  • 財団法人愛知県建築住宅センターが実施する住宅耐震診断を実施した方で、評点が80点未満と診断された木造住宅(昭和56年5月31日以前に着工)について、評点を80点以上とする補強計画に基づき、その一部を工事することにより、1階の判定値を1.0以上とする工事を行う方(全体の判定値を1.0以上とする工事を除く。)

補助対象経費

耐震改修工事費(耐震補強工事、附帯工事)
改修設計費

補助率と補助限度額

下表の1と2の補助額の合計で最大600,000円を補助します。

 補助率補助限度額
1.耐震補強工事費(附帯工事を含む) 100% 上限500,000円
2.改修設計費 2/3 上限100,000円

 

 二段階目耐震改修工事

補助対象者

一段階目耐震改修工事の補助金の交付を受けた旧基準木造住宅について、判定値を1.0以上かつ一段目耐震改修工事前の1.0未満を診断された階別方向別評点に0.3以上加算した数値以上とする工事を行う方。

補助対象経費

耐震改修工事費(耐震補強工事、附帯工事)改修設計費

補助率と補助限度額

下表の1と2と3の補助額の合計で最大300,000円を補助します。

 補助率補助限度額
1.耐震補強工事費 23% 上限300,000円
2.工事監理費 2/3 上限100,000円
3.附帯工事費 100% 上限300,000円

(注)1と2の合計が300,000円かつ、1と2と3の合計が300,000円かつ補助対象経費を超えないよう2と3の補助額を調整します。

 (納税証明書にて補助金の申請をする場合は、専用様式がありますので都市計画課へご連絡下さい。)

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

お問い合わせ

都市計画課
電話:0562-36-2669
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する