ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

公共工事の前払金の使途拡大について

2016年7月1日

平成28年5月27日に地方自治法施行規則の一部を改正する省令(平成28年総務省令第61号)が公布・施行され、公共工事の前払金に関する事項が改正されました。
知多市では、この改正に合わせて、知多市建設工事請負契約約款を改正し、公共工事の前払金の使途を拡大します。

約款改正の内容

知多市建設工事請負契約約款第37条(前払金の使用等)を改正し、工事の受注者が前払金(契約金額の40%)及び中間前払金(契約金額の20%)を充てることのできる経費のうち、現場管理費及び一般管理費等について、使途の限定(労働者災害補償保険料及び保証料に限る)を解除し、すべての現場管理費及び一般管理費(ただし、上限は前払金及び中間前払金の25%)に拡大します。

約款改正の時期

平成28年7月1日
(平成28年7月1日以降に契約を締結する工事から適用します。)

平成28年4月1日以降に締結した契約への対応

平成28年4月1日から平成28年6月30日までに契約を締結した工事については、変更契約を行うことにより、前払金の使途拡大に対応できますので、発注者にご相談ください。

参考

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社から無料で配布されておりますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

 

 

お問い合わせ

総務課
電話:0562-36-2630
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する