ページの先頭です。

本文へジャンプします。

スマートフォンサイトへ

印刷する

セルフメディケーション税制の創設について

2017年4月1日

 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

従来の医療費控除制度の特例として、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間の、スイッチOTC医薬品の購入費用について、新たにセルフメディケーション税制が創設されました。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、自己又は自己と生計を一にする家族の分を合わせた、スイッチOTC医薬品の購入費用の合計が年間1万2千円を超えた場合に適用される制度です。年間10万円(控除額8万8千円)を限度とした購入費用のうち、1万2千円を超える額を総所得金額から控除できます。

※本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けることができません。

※本特例の適用を受ける場合には、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診のいずれかを受けていることが条件となります。

※スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般医薬品のうち、医療用から転用された医薬品をいいます。

 

  セルフメディケーション税制例

 

 詳しくは、厚生労働省及び国税庁のホームページをご覧下さい。

 

厚生労働省ホームページ セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(新しいウインドウが開きます)

国税庁ホームページ セルフメディケーション税制(新しいウインドウが開きます)

 

ページトップへ

税制改正トップへ

税務課ホームへ

お問い合わせ

税務課
市民税
電話:0562-36-2633
マイページ

現在、登録されたページはありません。

このページを登録する

登録ページを削除する